ARCHIVE

アーカイブ

2020チャレンジャースキャットパックT/A入庫しました

2020 Dodge Challenger ScatPack
T/A PACKAGE
入荷いたしました!!!

DODGE CHALLENGER “T/A” PKGは、
COLD AIR-INTAKEとレガシーを築いたルックスを特徴とし、
どこへ行ってもクラシックでパワフルなスタイルを誇示しています。

今回の車両はDodge Challenger Scat pack “T/A” Package!!!

EXTERIORの特徴はサテンブラックペインテッドフードに

サテンブラックルーフにトランクがブルーエクステリアをしめたスポーティーなデザイン

お写真はTA専用Black Satin Painted Hood、Functional Hood Scoop Functional Hood Scoop
そしてT/AパッケージにはMoparの Cold Air Intake Systemが装備されます。
これも嬉しいオプションが標準装備ですね

カラーはFROSTBITEフロストバイト)という渋めなBLUE系カラー
上記カラーは写真や文章では中々表現の難しいお色なのです、
比較的落ち着いたBLUE系のお色(派手ではないです)にT/A特有のサテンブラックのボンネットや屋根がとても
しまってスポーティー差をだしていますが、しかしスポーティー過ぎず
クラシカルでもありチャレンジャーらしいワイルド感もある雰囲気です。
是非、これは実車を見て判断いただきたい!!

そしてT/A特有のサテンブラックのボンネット、
屋根、トランク、そしてサイドにはT/Aグラフィックや392のフェンダーデカール

新車は2023年モデルで生産終了となった人気車両の中でも
人気のNAエンジンの6.4LV8搭載のSCATPACKベースのT/Aです

 


そしてT/Aには標準で↑White-Faced Instrument Clusterとなります。
またスキャットパック以上グレードにはDORIVE MODEにてパフォーマンス設定が可能です。

内装はBLACKアルカンターラ/NAPPAレザーにT/Aのロゴが印字
APPLE CAR PLAYやアンドロイドオートにも対応、バクカメラ標準装備、USB接続可能

こちら車両は走行距離もまだ1万キロ以下の9300kmです。車検も約1年半残っております。
内外装とも綺麗な車両です。

その他オプションにはドライバーズコンビニエンスGPやPLUS PKGが付いております。

 

ゴールデンウィーク休暇のお知らせ

【ゴールデンウィーク休暇のお知らせ】

平素は格別のご愛顧くださり心より御礼申し上げます。
さて、本年のゴールデンウィーク休暇についてお知らせ申し上げます。
誠に勝手ながら下記日程の期間中はお休みさせていただくこととなりました。
お手数をかけいたしますが何卒宜しくお願い致します。

ゴールデンウィーク休暇期間

4月28日(日) 臨時休業
5月1日(水)~ 5月6日(月)ゴールデンウィーク休暇

尚、4月29日(月)と4月30日(火)は営業致します。
連休明けは5月7日より通常通り営業致します。

※5月7日(月)より平常どおり営業いたします。

2016 キャデラックエスカレードD車入庫しました。

2016 CADILLAC ESCALADE
PLATINUM x NAXTNATION BODYKIT

BASE正規ディーラー車のエスカレードが入庫致しました。
走行距離も少なめ、管理ユーザー様車両ですので安心・信頼車両です。

EXTERIOR

車両にはNEXTNATION社製のボディーキット
フロント・リアのスポイラー、サイドエアロ、オーバーフェンダーの装着の他

オプショナルのリアウィングも追加で装着です。

フロントスポイラーにはオリジナルのデイライトがLEDで点灯
更にリアからはNEXTNATIONオリジナルマフラーTIPが装着されます。
本来このTIPはダミーとなりますが、このTIPを利用したワンオフでのマフラーも完備します。

更にボディーのカスタムは
フロントグリルや全てのモール類はボディー同色のBLACKへPAINT!!!!!!!!!
エンブレムも前後BLACKにしちゃいました。

サイドエアロは純正パワーランニングボードの上に装着されているので
きちんとドアの開閉で動作します。

INTERIOR

こちら車両はPLATINUMという事でリアには純正でヘッドレストモニターや
PLIPDOWNモニターが初めから完備されています。

更にこの車両はフロントセンサーに純正オーディオモニターの他
ワンオフでもう1つPanasonic社製の大型画面付きナビを設け、
フロントはW MONITORとなっています。

使い方は下(Panasonic)でTVやDVD映像を見て上段では純正操作
もしくは上下同じ画面、写真はありませんが下段でナビ画面 上段でTVやDVDを見る
が可能となっています。

やっぱりエスカレードっていいよね~って思わせる1台です!
その他多数カスタムあり

LEXANI 26″ WHEEL & TIRE装着や
勿論 ETCやバックカメラ完備済み・レーダー探知機も備えています。

 

 

 

2017ダッジチャレンジャーSRT392!!入庫しました

2017 DODGE CHALLENGER 
SRT392 NALLOW BODYが入庫しました。

渋いCHALLENGERが入庫しました!
こちらも素性がよろしい新車並行のチャレンジャーが入りました。
2017年モデルですが走行距離も浅く20000キロ、程度ももちろん良好です。

フード・ルーフ・トランクにはマッドブラックカラーのラリーストライプが張られ
フロントリップスポイラーやリアのスポイラーそしてホイールとの
カラーリングがマッチしていて渋い。

SRT392とは現行SCATPACK同様エンジンは6.4L V8 HEMIエンジンです。

丁度この年代近辺にはSRT392の呼び名とR/T SCATPACKと同じエンジンなのに
2グレード呼び名が存在しました。
その後、SRTの称号はHELLCATに譲り渡す事となり
SRT392はSCATPACKに統一されます。
当初はSCATPACKだとネーミングにRTがついちゃうので
SRTとつく392の名前のほうが人気が高かったのです。

SCATPACKだと内装はアルカンターラの場合が多いのですが
こちらSRT392の場合は御覧の内装のようにレザーシートが大半でした。
確かに購入感はこっちのほうがありますよね!!

 

背中にもSRTの象徴ロゴが印字され、
ステアリングにもSRTロゴがついています。
また現行と同じようにSRT PERFORMANCEでも遊べますぞ!

残念なのはこの2017だとまだアップルカープレーは完備されていません。
しかしUSBやBLUETOOTHはご利用可能です。

また現車にはHarmanKardonサブウーハー付きのオーディオシステム、
そしてアダプティブクルーズコントロールの機能がついたテクノロジーグループも
完備された車両ですので、オプション装備はバッチリとなります。

更にドラレコ&レーダー探知機・ETCも既に装着済みなので
とてもとてもお買い得な車両です。

 

2021ダッジチャレンジャースキャットワイド入庫しました

またまたお待たせをいたしました!!

新車並行・1オーナー
2021 Dodge Challenger
Scatpack Widebody

が入荷を致しましたのでご紹介します。

 

カラーは人気のPITCHBLACKとなり内装はBLACKのアルカンターラです。
背中にはSCATPACKの象徴トレードマークロゴの刺繍が入ります。
また掲載車両はアメリカ本国モデルの新車並行車両!走行も少なめ21000kmです。
中々希少な新車並行の車両となるため、お問い合わせはどうぞお早めにネ

 

SCATPACKのエンジンは6.4L HEMI V8です。チャレンジャー購入予定の皆様には
是非このSCATPACKやSRT392以上のエンジンがお勧めですよ。
V8サウンドがたまらなくもうチャレンジャー中毒となります。

オプションのDriversConviniencePKGやPLUS PKG等も含まれ
アップルカープレーも標準装備!
更にドライブレコーダーやレーダー探知機・ETCも装備済みです。
またチャレンジャーご購入のお客様お約束の
リアのバックウィンドーとリアサイドウィンドーにはティントフィルム装着済みですよ。

そしてWIDEBODYには20x11Jホイールが装着
隙間からはBREMBOキャリパーはBLACKが見え隠れ!!
最高にかっこいいお勧めCHALLENGERです

2020年ダッジチャレンジャースキャットパックワイドが入庫

2020Year Model
Dodge Challenger ScatPack WideBody

が入庫致しました!!!

 

低走行9800kmのチャレンジャースキャットパックが入庫致しました。
2018年以降dodgeから導入された希少なワイドボディーです。
外装は落ち着いたグラナイトカラーですが、内装はチャレンジャーらしい
RUBYREDとBLACKのアルカンターラ&NAPPAレザーのハーフシートに
SCATPACKロゴの刺繍が背中に入ります。

お車の細かい装備・OPTION内容は下記の通りです。

・R/T SCATPACK Widebody-24N PACKAGE
・PLUS PACKAGE

・DRIVERS CONVINIENCE  GROUP
・HARMAN KARDON AUDIO GROUP
・8 AUTO TRANS
・SRT PERFORMANCE SPOILER
・20x11J CARBON BLACK ALUMINUM WHEEL
・RED BRAKE CALIPER
・LOCKING LUG NUTS

 

 

内外装ともとても綺麗で評価点も高い車両です。
車検も6年8月まで残っております。

 

今年最終となっている希少なチャレンジャーです。
低走行車でここまで綺麗な車両は中々ないので
お早めにお問合せください。

シボレーコルベットC8正規D車コンバーチブル入庫

2021 CHEVROLET CORVETE STINGRAY
C8 CONVERTIBLE

正規ディーラー車(メーカー保証継承可能)右ハンドルが
な・な・な・なんと走行距離がまだ680キロで入荷中です。

通算8代目(=C8)となる新しいコルベット最大の“新しさ”は、いうまでもなくミドシップ化されたことだ
コルベットブランド史上初となる、ミッドエンジンレイアウトによる最新のコルベット。
かつてない新次元のパフォーマンス、最新技術、最上級のクラフトマンシップ、ラグジュアリーを提供します。

コンバーチブル最大の売りは
最新のコルベットコンバーチブルのトップはわずか16秒でフルオープン。
車速48km/h以下なら走行中も開閉可能という機能性は、最近の電動ソフトトップにほとんど劣らない。

サポート性に優れたシートに座り、レーシングスタイルのステアリングを握ればコルベットの新しい世界に惹き込まれることでしょう。
トランスペースはフロントとエンジン背後の2カ所に用意。ゴルフバッグの搭載も可能です。

パワーステアリング、電子制御ダンパー、パワートレイン、ブレーキフィール、
エンジン音、PTM(パフォーマンストラクションマネジメント)などの項目が変えられるドライブモードセレクターには、
4つのモードのほかに「Myモード」「Zモード」という2つのカスタマイズモードが用意される。
Myモードは設定項目をパワステ、ダンパー、ブレーキ、エンジン音だけに限定した“日常のお好みモード”で、
ZモードはパワトレやPTMを含めてすべてを細かく設定・記憶できる“とっておきモード”という想定。
このように、一見ギミックに見えるデザインや機能も、リアルワールドで考え抜かれた知性を感じさせるのがコルベットである。

フロントエンジン車と比べて前荷重の小さなミドシップ車でありながら、
新型「コルベット」はフロントタイヤの接地感がしっかりと感じられ、安心して運転することができる
ミッドシップ型スーパースポーツです。

ブロンコRAPTOR日本に上陸しました。

2023 FORD BROONCO “RAPTOR”
日本上陸しました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

乗ると解る!普通のブロンコとは大違い別物です!!

フォードブロンコ事体は1966年に誕生したアメリカを代表するSUV。
しかし1996年を最後に販売終了となっていたが、
2020年に復活を遂げ再デビューから2~3年常に世界の話題と人気のSUVとなっています。

そして特別モデルのラプターは、本来2022モデル登場予定でしたが
半導体不足の影響から2023年モデルでの登場と変更し、2023年やっと待望のBRONCO RAPTORがデビューとなりました。

  

 

3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボ「EcoBoost」エンジンを搭載する。
パワートレインには最高出力400ps
トランスミッションは10速AT

 

ラプター”を冠した高性能モデルで、砂漠や岩場など過酷なオフロードにも堪える走行性能が特長だ。
フォードモーターカンパニーの最高経営責任者であるジム・ファーレイ氏は
「ラプターは当社のオフロードラインナップの頂点であり、レースで実証済みの内容やデザインなど、
フォードにしか作れないフルラインナップとなりました」

「ラプター」仕様としてはレンジャーとF-150に次ぐ3台目のエントリーモデルである。

デザインはシンプルながら筋肉質なディテールが印象的なものに。
フロントはブランドロゴを中央に据えて上下に二分されたグリルや、
アンバーカラーのLEDヘッドライトが力強さを表現。
牽引フックやLEDフォグランプ、オフロードランプなどを一体化したフロントバンパーも、タフな印象を強めている。
また、ボンネット上の左右に設けたフードベント近くにラプターロゴを配し、ツインターボのパワーを表現した。

フェンダーフレアによりノーマルブロンコよりも9.8インチ幅広になっている。

↓通常BRONCO(左)  RAPTOR BRONCO(右)

ショックはFOX製のハイパフォーマンス用。

Raptor HOSS 4.0レース対応サスペンションシステム。

そのベースとなるのがボディと足回り。
ボディは補強された高強度スチールフレームに格上げし、
レース対応の専用サスペンションとそれらパフォーマンスとコーナリング速度をアップするためにトレッドを9.8インチ(約25センチ)広げている。
これらにより見た目の印象が大幅に変わり、
特にオーバーフェンダーが目立つ。同時にボディ剛性も向上し、ねじり剛性においてはノーマルブロンコ比で50%以上向上しているというから凄い。

インテリアは伝統的な水平基調のダッシュボードに
12インチのデジタルクラスターを搭載。
タコメーターやギアの表示を強調した専用パフォーマンスビューをはじめ、
メーター表示のカスタマイズも可能としている。
デザインでは、G.O.A.T.モードのロータリーダイヤル、ダッシュベント、ドアネット、ステアリングホイールのステッチ、インパネのブロンコロゴにフォードパフォーマンスコードオレンジがアクセントに。また、プッシュボタンイグニッションもコードオレンジでライトアップされる。グラブハンドル、ステアリングホイールベゼル、ギアシフターなどのタッチポイントには、光沢を抑えたカーボンファイバーのアクセントをあしらった。さらに専用仕様として、マグネシウム製パドルシフトと、グロスブラックのラプターロゴを中央に配した、厚みのあるスポーツタイプのステアリングホイールも用意される。

ボディカラーはフォード・パフォーマンス専用色となる
実車と同じコード・オレンジをはじめとした全10色を用意しています。

 

夏季休暇のお知らせ

平素は格別なお引き立てを頂きお礼申し上げます。
弊社では誠に勝手ながら下記の日程を夏季休暇とさせて頂きます。
大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

8月11日(金)~8月16日(水)までお休み。

8月17日(木)より通常営業とさせて頂きます。
尚、お休み中のお問い合わせはメールやLINE承っておりますが
ご回答は17日以降順にご対応させて頂きます。

XROWDEEPS STAFF一同

2022 シボレーカマロSSクーペ正規D車入庫しました

2022 CHEVROLET CAMARO SS COUPE
正規ディーラー車1900kmが入庫いたしました

CHEVROLETがCORVETTEと共にSUPER SPORTと誇る

PERFORMANCE
V8エンジンを積んだCAMARO SS(スーパー・スポーツ)
エンジンは6.2L V8 453psを搭載
ミッションは10速オートマチックトランスミッション(パドルシフト付)となり
わずか4.0秒で時速60マイル(約96.5km/h)に到達するスペックを持つ。

 

入庫車両は昨年モデルの2022年式。新車時はヤナセから出た正規ディーラー車です。
走行も1900kmと低走行で丁度1年点検とOIL交換を終えたばかり,検査は7/6まで。
ご契約後は再度納車整備及びに保証継承を行いお客様の元へお納車させて頂きます。

またSSならではの高スペック

  • カスタムローンチコントロール/ラインロック
  • パフォーマンスサスペンション
  • マグネティックライドコントロール
  • Brembo社製ハイパフォーマンスブレーキシステム(フロント/リア)

 

INTERIORはBLACK LEATHER
走行距離から納得の綺麗さです。
ディーラーオプションのドラレコやETCも完備しています。
またCHEVROLET MyLinkインフォテイメントシステム。
直感的に操作できる8インチの高解像度カラータッチスクリーンディスプレイは、
クリーンでモダンなレイアウトを採用。複数のユーザープロファイルを設定できるとともに、
同時に2名がBluetooth機能を利用できます。

また速度やエンジン回転数、オーディオなどの情報を、フルカラーで
フロントウインドウに表示するヘッドアップディスプレイ
カマロにも採用されています。

インテリアライティグシステム
24色の中からお好きなカラーを選んで、ダッシュボード、センターコンソール、ドアパネルなどの照明を
統一することができます。3種類の点灯パターンがあり、ショータイムのように光をランダムに変化させることも可能です。
(現状RED設定写真)


新古車CAMARO SS
中々ない掘り出し物です!
お問合せ是非お待ちしています。